京の夏の風物詩【五山の送り火】心に残った印象的なおじいちゃん

京の夏の風物詩、五山の送り火 京都上賀茂
小雪
小雪

こんにちは。上賀茂ブロガーの小雪(@kamigamolife)です。

 

本日は、毎年8月16日に行われる京都の夏の風物詩、五山の送り火について書いていきます。

京都では毎年8月16日20時すぎから、祇園祭と並ぶ夏の風物詩「五山の送り火」が行われます。京都の夏は祇園祭に始まって、五山の送り火で終わりを告げると言われています。

 

今年は、朝から夕方ごろまでお天気が怪しかったのですが、19時を過ぎたあたりから雨もやみ、とても綺麗な送り火を観ることができました。

 

2018年8月16日の五山の送り火は約2万4千人(京都府警調べ)の方が見守っていたそうです。

スポンサーリンク

五山の送り火の意味とは

お盆に迎えた先祖の霊を冥土に送る(ご先祖様をお見送りする)京都の伝統行事です。亡くなった人たちを偲び、感謝と鎮魂の意味を込めて、火が灯される山々に向かい手を合わせる方も多いです。

五山の送り火

 

小雪
小雪

御薗橋から自宅に帰る途中に、火が灯された船形に向かって「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」と唱えてはったおじいちゃんがいました。

 

その声からおじいちゃんの故人を偲ぶ想いがすごく伝わってきて、一生忘れない光景になりそうです。

 

五山の送り火はイベント化されている感が強いな、と思いますが、こういったおじいちゃんの行動が本来の姿なんだろうな、と思いました。

五山の送り火の言い伝え

●丸いお盆にお酒やお水を入れ、そこに点火している大の字を映して飲むと、1年間健康でいられる。

●送り火の消し炭には、厄除けなどの効果がある。

五山の送り火の場所

五山の送り火 マップ

大文字:如意ケ嶽(にょいがたけ、左京区)

左大文字:金閣寺近くの大北山(おおきたやま、北区)

妙(みょう):松ヶ崎西山(まつがさきにしやま、左京区)

法(ほう):松ヶ崎東山(ひがしやま、左京区)

船形(ふながた):西賀茂船山(にしがもふねやま、北区)

鳥居形(とりいがた):嵯峨曼荼羅山(さがまんだらやま、右京区)

 

ざっくりですが、五山の送り火のイラストマップを描いてみました(˹ᆺ˺;)✿

五山の送り火の点火時間

大文字  20時
妙法   20時5分
船形   20時10分
左大文字 20時15分
鳥居形  20時20分

 

順番に火が灯されていきます。

本当はもっと大きくみることができます。

去年より人手は少し少ないように感じました。お天気が微妙だったからでしょうか。

今年は本当に綺麗に大文字をみることができました。

こちらは本当に大きく船形をみることができます。

 

河川敷にぼぉ~~と立って、ずいぶん長くみていました。癒やされるひと時でした。幸せだなぁ、と思いました。

五山の送り火は雨でも開催されるの?

一昨年の五山の送り火は、土砂降りでした。でも、行われましたよ。ただ、火がつきにくく、すぐに終わってしましました(˹ᆺ˺;)✿

 

それでも大勢の方が五山の送り火を見守っておられました。

小雪
小雪

来年も五山の送り火を楽しみに、また1年頑張ろうと思えました。

 

では、またね。see ya٩( ᐛ )و

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました