迷子札を手作りしてみた。プラ板(プラバン)使ってコスト200円!

猫と避難するには
小雪
小雪

こんにちは。上賀茂ブロガーの小雪(@kamigamolife)です。

 

今日は、うちの3匹の猫用に迷子札をプラ板で手作りしてみました。愛着が湧きそうな迷子札が出来ました😃

市販の迷子札って高級感があって素敵だけど3匹分を購入するとなると、1000円以上はかかるでしょうし、名前や電話番号を彫ってもらうと時間もかかります。(˹ᆺ˺;)✿

 

 

なので、どうしようかなぁ~~と思っていた時、娘が高校生の時に、100均で買ったプラ版でキーホルダーを作っていたことを思い出し、「あ!これだ!!」と思い、セリアに向かいました😃

結果、即日にたった200円で猫3匹分の迷子札が出来上がりました。

 

うちのように多頭飼いで迷子札のコストを抑えたい方の参考になると嬉しいです♪

スポンサーリンク

用意するもの

  1. 厚み0.4mmのプラバン(セリアで100円)
  2. クラフトパーツ ボールチェーン(セリアで100円)代用できるものがあれば,それでOKです。
  3. 穴あけパンチ
  4. クッキングシート
  5. 油性マジック
  6. 電子レンジorオーブントースター

猫の迷子札を手作り。必要なもの

お近くに100均がない方は通販でも買えます。4枚セットですがamazonがお得かな♪

プラバンが余っちゃったら、アクセサリーを作ってもいいですね。お子様と一緒に楽しめそう♪

こんな迷子札の元図

どんな迷子札にするかを、好きなようにデザインします😃

 

私は、表にペットの名前、裏に携帯番号を書きました。裏に携帯番号を書いたのは、パット見、数字がわかりにくいのではないかと思ったからです。まぁ、気休めでしょうが(˹ᆺ˺;)✿

迷子札の作り方

  1. に縦3.5cm横4.5cmの枠を書きその中に油性マジック円を書く
  2. 裏になる部分に油性マジック携帯番号を書く
  3. に返して、油性マジックペットの名前を書
  4. 穴あけパンチで穴を開ける

 

少々、いびつな形でもOKだと思います(*´ω`*)

プラ板を電子レンジで熱します

パラ板の裏に、電子レンジは使えませんを書いてありましたが、うちには電子レンジしかありません。ちょっとググったら、電子レンジでも出来るとの情報が見つかりました。

電子レンジでもプラ板を加熱し、キーホルダー(今回は迷子札ですが)を作れます♪

 

電子レンジで200度の予熱あり2分に設定しておきます。

 

準備ができたら、作ってあった迷子札の元をクッキングシートの上に置き、レンジのフタを締めて、スタート!

2分後には、ちっちゃくなってる😃完成した模様です♪

100均で購入したポールチェーン(12cm×4本入りで100円)を穴に通したら出来上がりです😃

こゆきにつけてみました♪ちなみに0.4mmの厚みは2mmになりました。

これで、迷子になっても連絡が私に来ると信じてます!

小雪
小雪

では、またね。see ya٩( ᐛ )و

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました