ウクレレのストラップピンの失敗しない付け方!意外と簡単だった♪

ウクレレのストラップピンの失敗しない付け方!意外と簡単だった♪ウクレレ初心者
小雪
小雪

こんにちは。上賀茂ブロガーの小雪(@kamigamolife)です。

 

本日は、自分でウクレレにストラップピンを付けてみたので、その方法をお伝えします。

ウクレレを購入して練習していると、コードを押さえるのに必死になってきます。

 

そうすると、ウクレレを支えないといけない、コードを必死で抑えないといけない、そんな理由で左手首に負担がかかり、少々痛くなってくることがあります。

 

そんな左手首の負担を減らすことができるのが、ストラップというものであることを知りました。

(私が購入したのは、レトロな雰囲気のお花柄のストラップです。)

ストラップをウクレレにつけるためには、ストラップピン(エンドピン)というものをウクレレに付けないといけません。

 

早速、ストラップピンを付けてみたので、写真と共にお伝えしていきます。

もちろん、ストラップを持っていない場合は購入する必要があります。

スポンサーリンク

必要なもの

  • ストラップピン(エンドピン)
  • ストラップ
  • マキシングテープ
  • ものさし
  • 目印をつける鉛筆など
  • キリ
  • プラスドライバー

 

では始めましょう!

ストラップピンとストラップを購入する

私が購入したストラップピンは、こちら。(386円)

1ペア ストラップピン エンドピン ギター マンドリン用 プラスチック製 ブラック

 

ストラップはこちら。(799円)

ウクレレストラップ – Dulphee スムースな表面快適と通気性のあるギターストラップ幅(5cm)長さ(90cm-163cm)スライド式アジャスター可調節(レッド花)

どちらもめっちゃ安かったです♪

もちろん安かろう悪かろうではなく、どちらも満足できるお品です。

 

ただ、ストラップピンは中国からの取り寄せでした。なので、手元に届くまで9日ほどかかりました。このストラップピンは、プラスティック製で、とても軽くて良いと評判だったので、時間がかかっても取り寄せることにしました。

ストラップピンをつける位置を確定する

ウクレレのお尻の面のど真ん中に穴を開けたいので、その位置を確定するために計測します。

 

穴をあけるところに目星をつけたら、万が一間違ってもいいように、100均などで売っているマキシングテープの上から印をつけます

仮の穴をあける

100均などで売っているドライバーセットなどに入っているキリなどで、仮穴をあけます。

 

マキシングテープの上から穴をあける意味は、ウクレレの本体にヒビが入らないようにするためもあります。丁寧に作業をすれば、ヒビが入ることはないと思うので、怖がらずに作業してくださいね♪

 

ビスを打ち込みやすくするための工程なので、貫通させる必要はありません。

ストラップピンを取り付ける

今回はお尻の部分だけにストラップピンをつけます。

 

キリで穴を開けたところに、丁寧にストラップピンを取り付けます。

私はプラスのドライバーで手動で作業しましたが、電動ドライバーでもゆっくりと作業すれば大丈夫だと思います。

完成

完成しました!

 

ストラップをつけてみましょう。

 

ストラップのもう片方は、ヘッドに紐で結び付けます。表↓

 

ヘッドの裏はこうなってます。

ストラップをつけるメリット

ストラップピンをつけてばストラップを装着することができます。

では、ストラップをつけるメリットや必要性はあるのでしょうか。

私が、ストラップをつけて良かった、と思った点をあげます。

ウクレレを身に付けながら両手の自由が効く
疲れてきてもウクレレを持ち直さなくても良くなる
→ウクレレを抱える負担が激減する
コードが押さえやすくなる
→ウクレレを支える必要がなくなるため
ストロークが楽にできるようになる
→ウクレレを支える必要がなくなるため集中できる
大事なウクレレに穴を開けるのは、怖いと感じましたが、思い切ってやってみれば、ほんまに簡単で恐れることなど何もありませんでした♪
私は、安くて気に入った柄のストラップをアマゾンで見つけ満足しています♪
レビューは読みまくりました!
ストラップの値段もピンキリですが、気になったストラップがあれば、ぜひ購入してトライしてみてくださいね!
自分のウクレレを好きなテイストにカスタマイズしていくと、めっちゃ愛着がわきますよ♪

小雪
小雪

では、またね。see ya٩( ᐛ )و

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました