節約レシピ☆豚こまで簡単酢豚☆を作ってみたレポ。

簡単節約レシピ
小雪
小雪

こんにちは。上賀茂ブロガーの小雪(@kamigamolife)です。

 

本日は、お安い「豚こま」で、お金をかけず「簡単にできる酢豚」を作ってみたレポです。

この記事は、こんな人におすすめです。

  • 豚こまでメインのおかずを作りたい
  • 市販の酢豚の素を購入せず、自分で甘酢を作りたい
  • 2人分500円以内でメインのおかずを作りたい。

では、まいりましょう。

スポンサーリンク

材料(2人分)

豚こま(260g程度)
人参(1/3本)
玉ねぎ(1/2個~1玉)
ピーマン(2個~3個)
【豚肉下味】
塩こしょう(少々)
醤油(1/4)
酒(小さじ2)
小麦粉(大さじ1)
片栗粉(大さじ1)
【甘酢あん】
醤油、酢、砂糖(各大さじ2)
ケチャップ(各大さじ1)
片栗粉(小さじ1)
水(100cc)

油(適宜)

作り方に入ります。

豚こまの下ごしらえをする

260gほどの豚こまを適度に切ります。

ボールにお肉、塩コショウ、醤油、お酒を混ぜ合わせます。

ビニール袋に全部を入れ、混ぜ合わせても大丈夫です。

お肉に味を染み込ませたいので、しばらく冷蔵庫に寝かせておきます。

野菜の準備

人参は、3mmほどのイチョウ切りにし、耐熱容器(耐熱皿でも可)にいれ、水を適宜ふりかけ、レンジで600w、2分で加熱しておきます。

ピーマンは食べやすい大きさに、玉ねぎはくし切りにしておきます。

甘酢あんを作る

甘酢あんの材料をすべて混ぜておきます。

お肉にまぶすための、片栗粉と小麦粉を混ぜておきます。

野菜を炒める

油を引き、中火で熱したフライパンで、人参、玉ねぎ、ピーマンを、食べてもかたくない程度まで炒めておきます。

炒めた野菜は、一旦お皿にとっておきます。

お肉に焼き色をつけます

下味をつけておいたお肉を、食べやすい大きさに丸め、片栗粉と小麦粉を混ぜておいたものを、お肉の表面にまぶします。

油を引き、中火で熱したフライパンでお肉の表面に焼き色をつけていきます。

お肉を野菜を蒸し焼きにします

お肉を炒めたフライパンに、お皿におっておいた野菜を入れ混ぜ合わせ、フタをして弱火で3分蒸し焼きにします。

仕上げ

一旦、火を止めて、作っておいた甘酢あんを回し入れます。

中火にかけ、焦げ付かないように混ぜながら、とろみが付いたら完成です。

豚こまは、売り出しのときで100g90円、通常100g150円位で購入できます。(京都の物価)

ピーマンや人参も1袋100円~150円くらいでしょう。

甘酢あんなどの材料は、家にあるものでまかなえると思いますので、ざっと2人分500円もあれば、酢豚が完成します。

豚こまの代わりに、出来合いの唐揚げやとんかつでも代用できますのでお試しあれ♪

小雪
小雪

では、またね。see ya٩( ᐛ )و

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました