2018年の冬至は12/22「陰極まれば陽に転ず」ゆず湯でほっこり♪

ゆるい生活
小雪
小雪

こんにちは。上賀茂ブロガーの小雪(@kamigamolife)です。

 

明日、12/22は2018年の冬至です。とってもパワフルで特別な日ですよ(*^^*)

 

明日2018年12月22日は今年の冬至です。

もっと詳しく言うと、12月22日7時23分からです。

スポンサーリンク

冬至とは

冬至とは、陰の気が極限に達した代わりに、陽の気が動き出す時です。

今までやりたかったことをスタートさせる。

うまく行かなかったことを仕切り直してリスタートさせるのに、一番適している日です。

 

また冬至は、「一陽来復(いちようらいふく)」とも言われています。冬至のエネルギーは、一度死んだ自分のエネルギーが新しく生まれ変わる力があるのです。

 

良くないことが続いていた人は、もう良いことしか起こらない。

辛く暗い冬がようやく終わり、うららかで明るい春がやってくるイメージです。

 

陰極まれば陽に転ず」です。

物事を実現化する力も強まるため、願い事も叶いやすいそうですよ!

冬至と満月が重なるパワフルで特別な日

そして翌日の12月23日は満月です。「満ちた月」です。

達成、成就、色々な結果が出やすく、新月で決めた目標の見直しにも適している、と言われています。

12月22日:冬至:新しくスタートさせる、リスタートさせるのに一番いい日。陽の気が動き出す最初の日。

12月23日:満月:いろいろな結果が出やすい、見直しに適している。

素敵な日が2日続いています。重なっています。繋がっています。

すごく浄化にいい日なんだそうです。凄いパワーがあるようですよ!

自分の心の中で願う事にお金はかからない

こんなのただの迷信じゃん?って思わず、少しでもいいので、心に変化をつけてみてはいかがでしょうか(*^^*)

自分の心の中で願う事は無料です(笑

 

明日は「なりたい自分になる」(自分はこうなる、と鮮明に思い浮かべスクリーンに描く)と決めて心を落ち着かせ、深く深呼吸したいと思います。

冬至にはいるゆず湯

冬至にはゆず湯に入ると良い、と言われています。

冬至にゆず湯に入ると、皮膚のひびやあかぎれを治し、1年間風邪を引かない、と言われています。

ゆず湯の作り方

  • ゆずをそのまま浮かべる
  • 半分に切って浮かべる
  • 熱湯で20分位蒸らし袋ごと絞って湯船に浮かべる

など、様々です。やりやすい方法で良いと思います。

 

ゆずを切ったり、絞ったりする場合は、後のお風呂掃除が大変なので、ガーゼなどにくるんで、ゆずのカスが湯船に浮かばないようにしたほうがいいかもです。

 

私は、そのまま湯船に浮かべたいと思います♪だって超カンタンなんだもん٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ゆず湯の効果

  • 冷え性
  • 腰痛
  • 皮の精油成分でお肌がしっとりすべすべになる。
  • リラックス、安眠できる

などです。女性の方には嬉しい効能ですね。冬至だけではもったいないゆず湯です♪

 

明日は、夜の時間が一番長い冬至。お星様もいつもより長く見れます。きれいなお星様に、強い思いで願い事をしたあとは、ゆずをいっぱい湯船に浮かべて、心も体もほっこりしようと思います。

小雪
小雪

では、またね。see ya٩( ᐛ )و

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました